メニュー

インフルエンザ菌b型』(Hib)ワクチン  | 埼玉県富士見市 小児科 病児保育室

header clinic

header clinic

おぎそ小児科医院/病児保育室すこやか
小児医院 049-255-2000 〒354-0015 埼玉県富士見市東みずほ台2-16-10

 病児保育室 049-265-5833 〒354-0015 埼玉県富士見市東みずほ台2-16-9

おぎそ小児科医院予防接種について

インフルエンザ菌b型』(Hib)ワクチン 

乳幼児の細菌性髄膜炎の主な原因菌である『インフルエンザ菌b型』《略してHib(ヒブ)》のワクチンです。

注:これは冬に流行する『インフルエンザウィルス』とは全く別のものです。

Hibによる髄膜炎は5歳以下、特に生後3ヶ月から2歳くらいまでがかかりやすく、日本の年間患者数は少なくとも600人と報告されています。 このうち約30人が死亡し、150人(25%)に知的障害や癲癇(てんかん)などの後遺症が残ると言われています。

 

接種の仕方

 

接種開始年齢接種回数接種スケジュール
生後2ヶ月から7ヶ月未満 4回 初回:27~56日(4~8週)間隔で3回接種
追加:3回目接種後7~13ヶ月の間に1回接種
7ヶ月以上12ヶ月未満 3回 初回:27~56日(4~8週)間隔で2回接種
追加:2回目接種後7~13ヶ月の間に1回接種
1歳以上5歳未満 1回 1回接種のみ

 

副反応

接種部位の発赤と腫れが殆どで、重い副作用はまずありません。(現在の三種混合やMRと同程度と考えて良いと思います)

 

費用

埼玉県内の0歳~5歳未満の乳幼児は市から助成が出るので公費で受けられます。

それ以外の地域のお子様、助成の受けられる年齢以外のお子様は自費になります。 (1回 9,000円)

お問い合わせはお気軽に

tel1
tel2