メニュー

病児保育室からのお知らせ | 埼玉県富士見市 小児科 病児保育室

header clinic

header clinic

おぎそ小児科医院/病児保育室すこやか
小児医院 049-255-2000 〒354-0015 埼玉県富士見市東みずほ台2-16-10

 病児保育室 049-265-5833 〒354-0015 埼玉県富士見市東みずほ台2-16-9

病児保育室すこやか病児保育室からのお知らせ

おぎそ小児科医院リニューアル休診に伴うお知らせ

4月27日午後から6月7日までおぎそ小児科医院は休診ですが病児保育室すこやかは通常通り開室いたします。

 

医師による記入が必要な様式第3号「病児・病後児保育事業児童状況書」につきましては、入室時にすこやか保育室内でおぎそ小児科医院の医師に診察をしてもらうのでそこで書いてもらうことも可能ですが、前日までに他の医療機関で記入してもらっても構いません。

 

ご不便をお掛けいたしますが、安心してお子様を預けていただけるよう精進してまいりますのでご理解よろしくお願い致します。

 

 

 

 

4月から開室曜日が変わります

 

令和4年4月から開室曜日が変わります。

開室日:月〜金・・・8:30〜17:30

休室日 :土、日、祝日、年末年始、夏季休暇、臨時休室日

 

 

上記のように変更となりますのでよろしくお願い致します。

受け入れ基準、入室の流れが1月31日(月)より変わります

新型コロナウイルスが蔓延しているため、受け入れ方法を下記の通り変更させていただきますのでご了承ください。

 

今回の症状で37.5度以上の発熱があった場合(ご利用の時点で下がっていても)、PCR検査で陰性が確認されてからのご利用となります。

※流行性耳下腺炎(おたふく)、溶連菌、水疱瘡など原因がはっきりしているものについては医師の判断に任せます。

※PCR検査で陰性でも、濃厚接触者で自宅待機期間の場合はお預かりできません。

 

・当日の朝状況書の取得をご希望される場合は、9時からの診察になります。

※今までは予防接種優先時間帯(8時半~9時)でも保育室予約済みの方は優先的に診察してもらえましたが、現在の状況を鑑みてこのような判断と致しました

 

・おぎそ小児科医院の医師が症状を詳しく把握するため、状況書をおぎそ小児科医院で書いてもらっていない場合は当日の9時以降におぎそ小児科医院で診察を受けてからの入室となります。

 

☆前日までにおぎそ小児科医院で状況書を書いてもらっている方は今まで通り当日の朝直接保育室にお越しいただいて大丈夫です

 

新型コロナウイルスに関する対応はこちらです。当てはまる項目はないか、確認してからご予約をお願い致します。

 

 

急な変更となり、ご迷惑をおかけしますが病児保育室を必要とされる方が安心して利用できるよう、ご理解ご協力よろしくお願い致します。

 

 

 

予約についてのお願い

予約は前日か、当日の朝8時20分以降にお願い致します。

水痘(水疱瘡)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、インフルエンザ以外は連日の予約や

数日先の予約はお受けできませんのでご了承ください。

 

注意:予約をしないで当日直接保育室にいらしてもお断りをさせて頂きます。

   必ず事前に予約を入れてからお越し頂きますようお願い申し上げます。

予約をキャンセルされる場合は、必ず当日の朝8時20分までにご連絡を頂きたくお願い致します。

当保育室の電話が17時30分から翌日8時20分まで留守電になっておりますので、キャンセルの方は

お名前とキャンセルの旨を録音しておいてください。

キャンセル待ちの方の為にも宜しくお願い致します。

 

原則として状況書は保育室の予約をしてから病院で書いて貰ってください。

※予約前でもすこやかを利用したい旨を医師にお伝えいただいて書いて貰っても構いません。

  

 病児病後児保育事業使用登録申請書(様式第1号)は事前に提出して頂いていた方が当日スムーズに

 お預かりすることができます。

※急な場合は利用する当日に提出していただくことも可能です。

 

 登録に必要な書類は全て揃っておりますのでお気軽に手続きにいらしてください。

 患者さんをお預かりしていない時には保育室の施設内を見学して頂くこともできます。

 

★必要書類はこちらからダウンロードできます

 

 

 

保育室からのおねがい(必ずお読みください)

   持ち物にはすべてお名前をお書きください。

 保育士達も気を付けてはおりますが、よく似た持ち物が多い為、間違いを防ぐためにも

 小さな物でも持ち物には必ずお名前をお書き頂きたくお願い致します。

 (口拭きタオル、お弁当箱やお箸・スプーン・フォーク、哺乳瓶など)

  お弁当について

 温めた方が美味しいと思われるお弁当は食事の時に電子レンジで温めてお出ししますので、

 金属製のお弁当箱やホイルカップのご使用はお避け頂きたくお願い致します。

 冷蔵庫保管や温めを希望されない方はお弁当をお出し頂く際にお申し出ください。

  

  胃腸炎のお子様のお弁当について

 お腹の具合の悪い時の弁当はなるべくおかゆやおうどんなど消化の良いものを持たせてあげてください。

 こちらで温めますので、レトルトやコンビニのおうどんなど市販のものでも大丈夫です。

 

 自己管理できる小学生のお子様は、お家で遊んでいる小さなゲーム機やDVD、本、雑誌、勉強道具

 などをお持ちになられても大丈夫です。

お問い合わせはお気軽に

tel1
tel2